2021年7月18日のサイトメンテナンスは終了しました

Ys VIII SUPER ULTIMATE「In Side My Head」歌詞

慈しみ憐れみと捉えて
感情は線と点を結んでいる
最奥が最愛だとしたら
形のない籠に囚われてるようだ

見えないものなど 影響しない
カタルシス 全て飛ばして 理想の形で

過ぎ去れば 過去などに
怯えて過ごす事もないよ
ただ既に 見えない感覚が痛い
過ぎされど あてもなく
白夜の下を歩いている
簡単な事など 何も言えないよ

更に被せるなら 混沌を知るならば 感覚を覚え
更に捉えるなら 裏返る事
誰にもそう 止められない

見えないものすら 見ようとする
カタルシス 誰かが言った 理想の言葉を

意味すらも 意味はなく
そこには語る事はなくて
ただ既に善も悪もない世界よ
過ぎさった 過去は今
走馬灯のように走る
簡単に傷が癒える事ではない

過ぎ去れば 過去などに
怯えて過ごす事もないよ
ただ既に 見えない感覚が痛い
過ぎされど あてもなく
白夜の下を歩いている
簡単な事など 何も言えないよ

コメントを残す